専門業者にシロアリ対策を依頼|家の劣化を防ごう

MENU

薬を用いた駆除

ねずみ

殺鼠剤の使用

一般的にねずみが住み着きねずみ被害を受けている場合は、その場所がねずみにとってメリットがある場合が多く、単純に食料が補給できる環境であることが挙げられます。ねずみ駆除において殺鼠剤を効率よく使うコツとして、ねずみのエサとなる物を徹底的に排除し、ある一定の場所へ行けばエサがあると言うことをねずみに認識させることが大切です。ねずみは警戒心の高い動物でいきなり毒エサでねずみ駆除しようとしても警戒して食べないことが多く、ねずみとの駆け引きになりますが、ある程度慣れさせてから毒エサに替えることによってなるべく警戒させずに毒エサを食べさせることができるようになります。この際、多少少ない量のなるべく腐りにくいハムスターやインコのエサや食パン等使うことが多いです。殺鼠剤でのねずみ駆除では大きく分けて二種類、ほとんど一回の接種で効果の出るタイプから複数回接種しないと効果が現れないものがあります。これらは一長一短があり、ねずみが極少数と分かっている場合には即殺できる前者のタイプが望ましいのですが、確実に複数いる場合には最初の一匹が死に至るまでにできるだけ多くのねずみに警戒無く毒エサを食べさせられる可能性の高い後者の方が有効になる場合が多いです。こういった具合にねずみの状況をよく調べてからの殺鼠剤を使用したねずみ駆除は効果的です。一つ問題なのはねずみの死骸がある場所がほぼ特定できないという点で、効果が現れているであろう時期に屋根裏等のチェックを行うことが衛生的にも重要です。