専門業者にシロアリ対策を依頼|家の劣化を防ごう

MENU

ねずみの本当の恐怖

ネズミ

ねずみが原因の二次災害

ねずみが屋根裏にいるということが分かっている状況でも、家主の生活圏内にはねずみの被害が全く見られない場合、ねずみ駆除に踏み切らない人は意外と多いようです。見ている分には小さく可愛い小動物のようですが、ねずみには最悪は死に至るような病気を引き起こすようなウィルスや菌を持っている場合もあります。こういったねずみを介しての病気は直接ねずみに触れたり噛まれたから起こるものだけではなく、糞尿や病原体を持ったねずみが死に、ねずみについていたノミやダニを挟んで人間に襲いかかってくることもあります。ノミやダニは家の中で大繁殖することがあり、更には病原体を持っているとなるととてつもなく厄介です。やがて家の中にも侵入してくるようになると家財がかじられるならまだ良い方で、家電の配線をかじって傷つけることもあります。ねずみ駆除を見送ったがためにねずみ一匹の行動によって家が火災に見舞われる可能性すらあるのです。ねずみは夜行性ですのでほとんどの場合家主が寝ている間に行動していることになりますのでものすごく危険です。このような事柄を考えてもねずみがまだ少数のうちに手を打っておくことがいかに重要かが分かります。ねずみは小さく臆病な小動物ですが紛れもなく害獣です。ねずみ駆除は末期になればなるほど業者での駆除費用も高額になってしまいますので、二次災害を出さないためにも、そして二次災害が起きてしまったがための費用を抑えるためにも、早期のねずみ駆除が最も重要です。